eco(環境社会)検定

社会と環境を考える”人”のために

エコ検定は幅広い基礎知識の習得を目指す検定で学習項目は国際的な政治動向から環境破壊のメカニズム、生活者として持つべき心構えまで、学習項目は多岐にわたります。

東京商工会議所が運営する6つの検定試験は、コロナ禍にあっても継続可能な試験運営を目指して、2021年度から試験方法をIBT(インターネット経由での試験)に一新されました。(詳細はこちら

試験日:2021年度

申込期間 受験期間
第30回 6月28日(月)~ 7月30日(金) 7月14日(水)~ 8月6日(金)
第31回 11月1日(月)~ 12月6日(月) 11月15日(月)~ 12月13日(月)

(注意事項)
・ 同一検定の同一試験回において、同じ級は1回のみ申込可能です。
・ 同一検定の同一試験回において、同じ級を重複で申込、また、同じ級を複数日で申込をすることはできません。
・ 試験を欠席した場合も上記ルールが適用されます。

受験料

5,500円(税込)
※級の設定はありません

試験科目等

主な出題範囲 出題形式
合格基準
◆持続可能な社会に向けて
◆地球を知る
・地球の基礎知識
・いま地球で起きていること
◆環境問題を知る
・地球温暖化と脱炭素社会
・エネルギー
・生物多様性・自然共生社会
・地球環境問題
・循環型社会
・地域環境問題
・化学物質
・災害、放射性物質
◆持続可能な社会に向けたアプローチ
◆各主体の役割・活動
・パブリックセクター(国際機関、政府、自治体など)
・企業の環境への取組み
・個人の行動
・主体を超えた連携
◆多肢選択式
◆制限時間90分
◆100点満点とし、70点以上で合格

 

お申し込み

IBT受験申込はこちらのページから。

東商検定IBTへの移行に伴う経過措置として、使用機器や受験環境等のご用意が困難な方を対象に、2021年度~2023年度に限り、全国280箇所のテストセンターで受験ができる、CBT(Computer Based Test)を併せて実施いたします。ただし、2022年度以降の実施については、今後見直される場合がありますので、予めご了承ください。
CBT受験申込はこちらのページから。※IBTとCBTでは試験のスケジュールやお申込み方法が異なります。