JANコード登録

JANコードとは

JANコードには、13桁と8桁があり、国コードには”45″と”49″があります。
商品にソースマーキングされるバーコードにはUPC(アメリカ、カナダ)とEANコードがありますが、基本的な体系は同じです。JANコードは日本だけの名称で、海外ではEANコードといいます。JANコードとEANコードは、同一の共通の商品コードで、EANコードは、約100カ国が採用している”世界の共通の商品コード”です。

JANコードを商品等にソースマーキングしたり、「料金代行収納」などに利用する場合は、流通システム開発センターに”GS1事業者コード(JAN企業コード)”の付番貸与を申請する必要があります。

GS1事業者コードは流通システム開発センターより発行された「通知書」に記載された事業者のみが、使用できます。
 

JANコードの体系

1. 標準タイプ① 13桁

4 5 G3 G4 G5 G6 G7 G8 G9 I1 I2 I3 C/D
GS1事業者コード
(9桁)
商品アイテムコード
(3桁)
チェックデジット
(1桁)
  • 2001年1月以降は原則としてこの体系で付番貸与されます。
  • 頭の2桁は日本を表す国コードです。
  • 9桁GS1事業者コードの国コードは45です。

 

2. 標準タイプ② 13桁

4 9 G3 G4 G5 G6 G7 I1 I2 I3 I4 I5 C/D
GS1事業者コード
(7桁)
商品アイテムコード
(5桁)
チェックデジット
(1桁)
  • 頭の2桁は日本を表す国コードです。
  • 7桁GS1事業者コードの国コードは45と49があります。

 

3. 短縮タイプ 8桁

4 9 G3 G4 G5 G6 I1 C/D
GS1事業者コード
(6桁)
商品アイテムコード
(1桁)
チェックデジット
(1桁)
  • 頭の2桁は日本を表す国コードです。
  • 短縮6桁GS1事業者コードの国コードは45と49があります。
  • 短縮タイプは小さな商品用です。
  • 短縮タイプのGS1事業者コードは、標準タイプと別の申請が必要です。

 

JANコードの新規登録申請するとき

以下のいずれかの方法で申請していただけます。

1.登録申請書による申請方法2.インターネットによる申請方法
「はじめてのバーコードガイド -新規登録用-」を商工会議所窓口で無料頒布しています。
冊子をよく読んだうえで添付されている初回用の「登録申請書」に必要事項をご記入下さい。その際、登録申請料(3年間分)を納付いただきます。
登録申請書を商工会議所窓口にご提出いただいてから約2週間ほどでGS1事業者コードの番号が届きます。
パソコンから登録申請ページにアクセスしてメールアドレスを登録してください。
届いたメールに記載されているURLにアクセスして必要事項を入力してください。
登録申請料(3年間分)を納付いただき、不備がなければ約1週間ほどでGS1事業者コードの番号が届きます。
 

JANコードの更新申請するとき

有効期限が切れる約1ヶ月前に、流通システム開発センターより「更新申請書」が送付されます。必要事項をご記入いただき更新申請料(3年間分)を納付のうえ商工会議所窓口にご提出ください。

さらに詳しい情報は、一般財団法人 流通システム開発センターのホームページまで。